密かにひっそりとした葬儀を検討しているのに高価で派手な演出や祭壇

亡き人の気持ちを受けて身内だけで葬儀を終わらせたところ葬式に参加することが無理だった人が、お参りしたいと頻繁に自宅へ、きてくれます。 お通夜は本来は身内や近しい人が終夜仏にお供するものでしたが、近代では夜更け前に終わる半

家族・親族と一部の限られた人々を誘って…。

仏事は何回も実施することではないので、認識する葬儀業者がが殆どなくて病院が仲介した葬儀社に手配する事が多々あります。 主要な家族の危篤を看護婦から報告されたら、家族や親族当人が会いたいと思っていた人に、真っ先に通知しまし